相続税を軽減させるなら税理士に相談しよう!

そもそも相続税とは?

相続税とは遺産を相続する時にかかる税金のことで、ある一定のラインを超えた場合に申告を行い収める必要がある税金です。ある一定とは基礎控除を超えた場合で、基礎控除は法定相続人の人数によって異なり3000万円+(600万円×法定相続人数)によって算出されます。つまり、法定相続人が2人の場合であれば、4200万円が基礎控除額となり、4200万円を遺産の総額が超えていなければ相続税は発生しないということになるのです。

課税価格の算出は面倒

相続税を算出するには課税価格の算出を行わければなりません。これは不動産なども全て時価で換算しなければならないので非常に面倒なものです。さらに、財産の中には税金がかからないものもありますので、しっかりとして知識がないと課税価格を多く見積もってしまい、相続税が増えてしまう可能性があります。なので、相続税の申告はプロである税理士に依頼した方が良いでしょう。税理士であればひとりひとりにあった適切な対策を打ってくれます。

相続税の軽減など対策は税理士で

相続税の軽減は財産評価によって異なりますが、素人が行うよりも税理士に依頼した方がギリギリの評価をしてくれて、対応なども全て代理で行ってくれるので便利です。相続税の節税対策についてもまずは税理士に依頼すると良いでしょう。税理士に依頼するメリットはそれだけではなく、遺産分割などの面倒な手続きも全て支援してくれるということです。相続税は申告するまでの期間が短いので、プロによるサポートは必要不可欠なのです。

相続関係の手続きは、実はかなり煩雑なのです。相続の申告を税理士へお願いするのが賢い人の選択でしょう。