事前の準備が大きな差になる!!相続税が心配なら専門家に相談しよう!

相続税の対策に悩む人が増えています

かつて相続税と言えば資産家の心配事でしたが、近年ではその心配をする人の範囲がかなり広くなっている状況です。その理由は平成25年の税制改正にあります。この改正により平成27年以降の相続税の基礎控除が大幅に下げられたため、財産が自宅とその敷地だけのような場合でも相続税の対象となってしまうということが生じるようになったのです。しかし、そのような事態となっていても何も対策を行っていないという人も多く、実際に相続が発生してから頭を抱えてしまうというようなことも起こっています。

相続税対策には時間が必要

何の対策もしないままに親の死亡などで相続が発生してしまうと、そこからは相続税の対策として何もすることはできません。あくまでも対策は相続が発生する前に行うもので、相続までに時間があればあるほどいろいろな準備ができるのです。しかし相続税に対して深い知識のない一般の人がその対策を考えて行うことはとても難しいことだと思います。できれば税に対する知識の深い人に相談して的確なアドバイスを受けるほうが失敗のない対策を立てられるのです。

相談に適しているのはやはり税理士

では、相続税に対する相談はどこにすべきなのでしょう。そのような問題に適しているのは、やはり税の専門家である税理士です。相続税については財産の評価などでその課税額が変ってきますので、しっかりした評価額が出せる税理士が最も頼りになると言えるでしょう。しかし、知り合いに税理士がおらず、相談しにいく先がなかなか決められないという場合は行政の相談窓口を利用するのも1つの方法です。自治体にもよりますが行政からの委託で税理士が相談員となっているところも多くありますので、良い税理士を見つけるという意味でも一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

相続税相談を検討している場合、税理士へ相談することで、豊富な知識をもとに専門的なアドバイスが受けられるため、悩みの解決につながります。