金利と手数料はどっちが大事?株取引の注意点

株取引には必ずかかる費用

株の売買をすればその差額によって儲けられるというのは知っている人が多いでしょう。株の値動きを追ってさえいればきっと儲かると思って少し勉強してみると、少し難しい点もあることに気づくかもしれません。株取引を行うのには必ず費用がかかるため、それを超えるように利益を生まなければならないのです。売買のタイミングで取引手数料がかかり、金額が大きいほど手数料も大きくなるでしょう。また、信用取引の場合には金利も必要になるのです。

手数料と金利はどちらが大事?

株取引をするときに手数料と金利ではどちらを大事にしなければならないのでしょうか。両方が安い証券会社で取引ができれば理想的でしょう。しかし、一方しか安くないということも珍しくありません。そのときにどちらを重視するかは、株をどれだけ長く持っていたいかに依存します。長く持つなら金利の低さを重視し、こまめに売買をするなら手数料の低さを優先する必要があるのです。また、信用取引以外の方法も利用するときには手数料を優先する価値があります。

長く持つメリットもある

信用取引では株を長く持つほど金利がかかることになってしまってあまりメリットがないと感じるかもしれません。それはあながち間違いではありませんが、考え方によってはメリットが生まれます。株主優待が金利以上にメリットをもたらすものであれば、たとえ金利がかさんだとしても持っている価値があるでしょう。考え方次第で何がベストかは異なるので色々な視点から見てみて金利と手数料のどちらを大事にするかを考えるようにしましょう。

株の信用取引の金利は、証券会社によって異なります。金利の差は2%から3.1%であり、一見僅かな差のように思われますが、銘柄の額面が大きくなると0.1%の差でも大きなコスト負担差が生じます。